話題の芸能ニュースはここ!

坂本龍一のドキュメンタリー映画が公開し予告が話題に!震災で津波をかぶったピアノを演奏やガン告知の心境、レコーディングの姿も!

日本を代表する音楽家・坂本龍一を5年間にわたり密着し追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が公開されました!そんな坂本龍一の楽曲“Merry Christmas Mr.Lawrence”を使用した予告が話題に!津波をかぶったピアノを演奏し、ガン告知を受け明かした本音とは?レコーディングの様子も公開!

  • goodnews
  • 2018.01.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂本龍一のプロフィール

坂本龍一とは

名前:坂本龍一(さかもとりゅういち)
本名:おなじ
生年月日:1952年(昭和27年)1月17日
出身地:東京都中野区
学歴:東京芸術大学大学院修士課程

YELLOW MAGIC ORCHESTRA

1978年(昭和53年)に「千のナイフ」でソロデビューした坂本龍一さんは、同じ年に細野晴臣氏や高橋幸宏氏とともに「YMO(ワイエムオー:イエロー マジック オーケストラ)」を結成。1980年代に流行した「テクノブーム」や「ニューウェーヴ」の中心的存在でした。

「イエローマジック」とは、白人音楽でも黒人音楽でもない黄色人種の音楽の追求であり、わずか5年の活動期間のうちに数々のヒット曲を世に送り出した伝説的なグループです。

戦場のメリークリスマス

グループ解散後は、「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」などの映画音楽を手掛け、世界的な音楽家としての評価を確立しました。

2018年1月に公開されたスティーブン・ノムラ・シブル監督の「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async」は、8年ぶりのオリジナルアルバム「async」の発売を記念して開かれた200人限定のニューヨークライブを完全収録した作品。

2月15日より開催が予定されている世界三大映画祭のひとつ「第68回・ベルリン国際映画祭」に招待され、正式出品されることが決まっています。

映画ファンならずとも一度はメディアを通じて耳にしたことのあるベルリン国際音楽祭は、フランスのカンヌ国際映画祭やイタリアのヴェネツィア国際映画祭と並び称される権威ですが、特に社会派の映画作品が多く出品されることで知られています。

国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認のベルリン国際映画祭

坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が公開!

「これは最終楽章のはじまりなのか・坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー映画」と題して、2017年9月3日に初公開された話題の映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」は、2012年から5年にわたり坂本龍一に密着取材して作り上げたという異色のドキュメンタリー作品です。

先述したオリジナルアルバム「async(アシンク)」の制作過程もしっかりと記録されているこちらの作品も、同じくスティーブン・ノムラ・シブル監督が手掛けたもので、第74回ベネチア国際映画祭「アウト・オブ・コンペティション部門」に公式出品されました。

「async(アシンク)」とは「asynchronization」を略した英単語で、意味は「非同期」です。

坂本龍一がバケツを被った予告が話題に!

出典:youtube

『Ryuichi Sakamoto: CODA』予告編

そもそも、脱原発をテーマとした音楽イベント「NO NUKES 2012」への取材依頼として坂本氏のもとに舞い込んできたというスティーブン・ノムラ・シブル監督からのオファーに、「すべてをさらけ出した」と語る坂本龍一。「CODA」とは、物語などの「結末」を意味する英単語です。

自宅の庭で雨音を録音するためにポリバケツを被る坂本龍一の後ろ姿や、YMO時代のライブ映像でも話題になったドキュメンタリーの生みの親であるスティーブン・ノムラ・シブル(Stephen Nomura Schible)監督は、1970年12月東京生まれ。

ベルリン公式上映の知らせを受け、多くの方に映画館で美しい音楽を聴いて貰いたいとコメントを発表しています。

坂本は「雨の音自体は僕らには聞こえないんです。僕らが雨音と呼ぶのは水滴が何かに当たる音。あの時は、裏庭で土や木に当たる音をバケツをかぶって聞いていたのです」と回答。

出典:坂本龍一、ドキュメンタリーでバケツをかぶっている理由は? 樋口泰人との対談で明かす : 映画ニュース - 映画.com

坂本龍一が東日本大震災で津波をかぶったピアノを演奏!

坂本龍一と被災地の子どもたち

出典: gqjapan.jp

坂本龍一と被災地の子どもたち

映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」では、坂本龍一が2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災で津波の被害を受けたピアノを弾く様子が映し出されていました。

このピアノは宮城県名取市に所在する県立宮城農業高等学校にあったもので、海水に浸かってしまったために調律はおろか修復ができない状態でしたが、氏自らによって2012年1月に音色が録音され、ニューアルバム「async」の収録曲に残されています。

坂本龍一との演奏会

出典: gqjapan.jp

坂本龍一との演奏会

坂本龍一は、被災したピアノが発する音色を「自然の調律」と呼び、自然がピアノを楽器から「モノ」に戻したと語っています。この曲を聴いた人は、「非同期」の名のとおり強い違和感を覚えたと感想を述べました。

大きな大自然の営みは時として理解しがたいものですが、受け入れるしかない時もある。単なるノスタルジーで終わらないところが坂本流です。

ドキュメンタリーの中でも「見て見ぬふりをするのは、とても僕にはできないこと」と語った坂本龍一は、東日本大震災の復興⽀援プロジェクト「東北ユースオーケストラ」で被災地の子供たちを率いて東京や福島県内で演奏会を行いました。女優の吉永小百合さんによる朗読でも話題になったイベントです。

坂本龍一がガン告知を受け明かした本音とは?

ガンの闘病生活を経て。

2014年の6月に中咽頭がんの告知を受けた坂本氏。ドキュメンタリー映画の撮影が始まった当初は、もちろん予定になかったアクシデントでした。

健康には気を遣っていたというだけあって、がんの宣告はショックだったと言うものの、「天から授かった休養期間」と気持ちを切り替えたのだとか。復帰後は第二の人生とも語っています。

坂本龍一が様々な場所でフィールドレコーディング!

async : 坂本龍一

出典: www.hmv.co.jp

async : 坂本龍一

東日本大震災のピアノや雨の音のように、坂本龍一がいろいろな場所からiPhoneのマイクで集めた「フィールド・レコーディング」の音は、「async」にも取り入れられています。

この「音楽の常識を超えた挑戦」は、これまで常に最先端の音を追及してきた坂本龍一が次に掲げるテーマは「async」でも聴かれた「同期しない音」。

ガンという大病を乗り越えた今、天才の手によって再び別次元の音楽が生まれそうな予感に期待が高まります。

この記事を友達に教える
  • つぶやく
  • シェア

同じカテゴリーの記事

池田大作が脳梗塞で死亡説も!今現在も生きているのか?韓国人って本当?個人資産も徹底調査!

創価学会の名誉会長として50年以上にわたり学会を牽引した池田大作!脳梗塞で車椅子や、両足切断など様々な病気による死亡説も出回っていますが気になる真相は?そんな池田大作の個人資産が凄いと言われていますが一体いくらなんでしょうか?また、韓国人と言われているのはなぜなのか、今現在生きているのかも詳しく調べてみました!

2017.11.07

石井竜也のファンブログがすごい?!まい・mayumi・もっぺの正体は?2chやTwitter検索からの評判や娘についてなど

米米CLUBのボーカルとして、その甘い歌声で人気者となったミュージシャン、音楽プロデューサー、映画監督の石井竜也さん。そんな石井さんのファンブログがすごいと話題なんです!そのすごさの詳細についてや、2chやtwitter上での石井さんの評判、娘さんなどについて調べてみました。

2017.09.27

ビビアン・スーの画像まとめ!美しすぎる台湾出身タレントの現在の写真&ヌーディ画像!出産しても体系が変わらない!?

台湾出身でタレント、歌手、女優として活躍しているビビアン・スーさん。1997年に結成した『ブラックビスケッツ』は翌年NHK紅白歌合戦に初出演し注目を集めその後数々の賞を受賞しました。今回はそんな美しすぎる台湾出身タレントビビアン・スーさんの出産後のスタイルやヌーディ画像が話題となっていたのでたくさんまとめてみました。

2017.11.03

河原みのりは結婚していた?!旦那とは?ブログからわかる私生活や胸をマッサージされて感じている動画や画像について

パチンコライター、タレント、元グラビアアイドルとして幅広く活躍する河原みのりさん。そんな彼女が2016年2月に結婚していた気になるお相手の情報や、ブログから垣間見える私生活、セクシーすぎる動画のまとめなどをリサーチしてお届けいたします!

2017.08.18

関連するキーワード

キーワードからまとめ記事を探す

Dailyランキング

Weeklyランキング

Monthlyランキング