話題の芸能ニュースはここ!

ニューアルバム発売で来日予定が気になる!ボン・ジョヴィのIt’s My Lifeを始めAlways等注目のPV15選

アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィ。ニューアルバム「This House Is Not For Sale」が発売されました。アルバムが発売されると、ワールドツアーも行われていることから、いつ来日するのか話題になっています。そんなボン・ジョヴィのIt’s My LifeやAlways等注目のPVを15選にしてお届けします。

  • esproge
  • 2017.11.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボン・ジョヴィの名曲まとめ

出典: imgs.ototoy.jp

ボン・ジョヴィ(Bon Jovi)は、アメリカ合衆国のロックバンド。1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し[3]、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる[4]。

出典:ボン・ジョヴィ - Wikipedia

Bon Jovi - It's My Life

出典:youtube

主なストリーは、彼女からボン・ジョヴィのゲリラライブをやっていると携帯電話で連絡を受けた彼が、ゲリラライブに駆けつけるまでの道のりです。
 テレビの形や携帯電話の大きさに時代が出ています。道中は、アメリカらしいトラブルが続きます。
 最後はお決まりです。彼は彼女と抱き合います。ライブに間に合ったのです。

Bon Jovi - Livin' On A Prayer

出典:youtube

主なシーンは、コンサートです。最初はモノクロで、ボン・ジョヴィのメンバーが階段を上がるところから始まります。そして、リハーサルです。
 途中からカラーになり、コンサート会場には満員のスタンディングオベーションで、テンションMAXです。また、メンバーが宙吊りになります。
 最後は誰もいない花火だけです。祭りの後です。

Bon Jovi - You Give Love A Bad Name

出典:youtube

主なシーンは、コンサートです。最初、音楽も鳴らないうちから、観客の歓声がきこえます。観客の声が大き聞こえます。そして、コンサートひとつを、多方面から撮っています。メンバーが「神風」の文字の入った手ぬぐいを首にかけていました。途中でドラムのメンバーがスティックを投げたら、上から10本くらい落ちてきてあわてるシーンなどもありました。

Bon Jovi - Runaway

出典:youtube

最初は、ろうそくの炎です。それが大きく広がります。そして目のアップが現れます。引き出しが現れて、そのひとつが開けられます。また目のアップが現れ、目の玉の中に英数字が書かれていて、そこから大きく炎が広がり、その中から新聞の記事が現れます。
 これからやっと、音楽が流れます。でも、現れたのは女子高生らしき制服を着た女の子です。そして、その両親かと思われる男女。両方とも表情は険しいです。女子高生の目の中から、ボン・ジョヴィが現れます。歌っているのは、どこかの路地裏の廃れた雰囲気のあるセットです。
 女子高生は走っていますが、たまに目から炎を出してさまざまな風景が現れます。途中で振り切ったような表情に

Bon Jovi - Born To Be My Baby

出典:youtube

主なシーンはレコーディング風景です。コーラスが円陣で歌っていたり、普通に大きなアクションはなく、セピアな色でレコーディング風景が撮影されています。途中で会話が入っていたりなど、本当に「素」のレコーディング風景です。
 最後に座卓みたいなものがあり、円陣を組んでいました。
 本当の最後は、ヘッドフォンが落ちたところです。無事にレコーディングが済んだという証拠でしょうか。

Bon Jovi - I'll Be There For You

出典:youtube

バラードの曲です。最初と最後に、垂直に立てたギターで一音ずつ奏でる音がきれいです。また、バラードだから激しい音楽がないので、ボン・ジョヴィの力強い歌声が、特に印象に残ります。
 映像としては、空っぽのスタジアムで歌い上げているのですが、モノクロで同じ歌を満場のコンサートで歌い上げてるシーンが重なります。華やかなのは、満場のコンサートシーンなのに、モノクロで、空っぽで歌っているのはカラーというのは、切なさを感じさせます。

Bon Jovi - Never Say Goodbye

出典:youtube

主なシーンはコンサートシーンです。しかし特徴的なのは、メンバーがそろった映像は、1回しか出てこないということです。それぞれのメンバーが、アップで映し出されます。映像に迫力があります。
 また、画面を分割して対角線に置き、成長の過程の写真が入ったり、両方で同じ映像が流れるなどの映像加工も魅力的です。
 ファンの映像も入りますが、歓声はありません。

Bon Jovi - This Ain't A Love Song

出典:youtube

 撮影場所は、どこかの遺跡です。楽器はベースしかありません。あとのふたりは、座っています。もちろん、音楽にはしっかり入っています。雄大な少し崩れた遺跡の前で、盛大に歌い上げるというテーマです。それだけに、余計なものはありません。
 また、薄い布のようなもので場面を変える使い方は、さりげないので画面を邪魔させません。

Bon Jovi - In These Arms

出典:youtube

 まず、ボーカリストの髪の長さが短くなっています。
 音楽がポップテンポなので、ロックファンでなくても聞きやすい曲調になっています。途中から歓声が入ります。
 映像は、寄せ集めです。いろいろなコンサートシーンなどから寄せ集めたり、最初のほうには廃屋のようなところに一人木箱に座って歌っているシーンもありました。
 途中、光のフラッシュが続くところがあります。気をつけてください。

Bon Jovi - Bed Of Roses

出典:youtube

 撮影場所は前半と後半でまったく雰囲気が別れます。前半はプライベートや大自然です。。ベースとグランドピアノを岩山の山頂、別々に置いて演奏しているシーンがあります。また、ボーカリストが作詞をしながら、だらしない格好で字を書いているシーンも流れます。前半の主なシーンはレコーディングのようですが、ヘッドフォンを付けていません。また、部屋も大量のロウソクの灯りで、ロマンティックです。
 後半は変わって、コンサートシーンです。ひとつで表と裏が見れる、おいしいPVです。

Bon Jovi - Always

出典:youtube

 ボン・ジョヴィが歌っているシーンとは別に、もうひとつのストーリーがあります。
 一人の男性が、女性の写真を見ているところから始まります。マジシャンの彼のパートナーだったようです。そして魅力的な恋人でもあったようで、二人は同棲していました。
 しかしある日、彼の浮気現場を目撃した彼女は、家を飛び出していってしまいます。
 その彼女は、街角で途方にくれているところを、ある男性に見つけられ、彼の家に行きます。その男性は、画家のようです。男性は彼女をモデルに絵を描き始めますが、やがて男女の関係になります。

Bon Jovi - This House Is Not For Sale

出典:youtube

 最近の映像のようです。最初から作りが違います。何よりメンバーが老けています。でも、元気です。声の迫力もそのままです。
 アメリカらしいゴツいセダンに乗って現れたのは、ボーカリスト。いろいろなところで歌っていますが、主な場所はある一室です。ボーカリストが寄ったゴージャスな一軒家とは違い、どこか廃墟感が漂っています。そして時々現れる巨木の根が地面まで現れている映像です。最後に答えが分かります。それは巨木の根を持った年季のたった家だったのです。

Bon Jovi - Because We Can

出典:youtube

 これもあまり古くありません。ディスクジョッキー風のマイクが上から垂れ下がり、それを使い歌っています。
 これもわずかなサイドストーリーがあります。
 ボクサーがリングで闘っています。ボン・ジョヴィのすぐ脇です。
 片方は、弱小クラブでしょうか。監督と恋人がセコンドにいます。しかし、彼は起きあがれないほどの敗北をしてしまいます。彼と恋人以外、周りには誰もいません。彼女が手を差し伸べ、彼は起き上がります。そして激しい抱擁とキスをしあいます。そこにボン・ジョヴィが祝福を送るという、シャレた計らいです。

Bon Jovi - What About Now

出典:youtube

 最近らしい、コンサートの映像と裏側、そしてその後ろで放映されたプロジェクションマッピングの映像が交じり合ったPVです。
 盛大なコンサートがどのように用意され、たまにボン・ジョヴィのプライベートの画像を見ることができて、コンサート気分も味わえます。コマが細かく変わるので、目が疲れるようなところもあります。最後、メンバーが挨拶してコンサートが終わり、扉から出て行く後姿までというのは、面白いです。
 また、あれだけ大きなプロジェクションマッピングをコンサートでやってしまうのは、さすがボン・ジョヴィです。

Bon Jovi - No Apologies

出典:youtube

 そんなに古くはないけど、最新ではないコンサート映像です。歌声の迫力が衰えていません。また、うしろに画像アップの映像が流れていました。本当にひとつのコンサートの映像を観客席側から撮影しているだけなので、シンプルです。

以上、ボン・ジョヴィの名曲まとめでした。

この記事を友達に教える
  • つぶやく
  • シェア

同じカテゴリーの記事

年齢を重ねても美しい!7オクターブの歌声マライア・キャリーPVまとめ

7オクターブの音域を持つ歌姫マライア・キャリー。その可愛らしさとセクシーさを併せ持つ天使の歌声はいまだ衰える事なく瑞々しい魅力に溢れています。しっとりと聞かせるナンバーからPOPで弾ける名曲まで作品ごとに違う一面を見せてくれる懐かしいマライアの映像を一緒に楽しめるPVを集めてみました!

2018.01.22

アルバムの売上は世界クラス!マドンナのPV15選

アメリカ出身のシンガーソングライターであるマドンナ。女優、映画監督、文筆家、実業家としても活躍されています。その名を知らない人は世界でいないというほどの世界的スターです。「全世界で最も売れた女性レコーディング・アーティスト」そして「史上最も成功した女性アーティスト」と認定されています。そんなマドンナのPVを集めました!

2018.01.17

関連記事

河原みのりは結婚していた?!旦那とは?ブログからわかる私生活や胸をマッサージされて感じている動画や画像について

パチンコライター、タレント、元グラビアアイドルとして幅広く活躍する河原みのりさん。そんな彼女が2016年2月に結婚していた気になるお相手の情報や、ブログから垣間見える私生活、セクシーすぎる動画のまとめなどをリサーチしてお届けいたします!

2017.08.18

岩井ジョニ男のスーツはデヴィッドボウイの影響?嫁がタモリに激怒!?おもしろいネタや画像まとめ!

タモリさんの付き人として運転手をされていたお笑い芸人の岩井ジョニ男さん。スーツでビシッと決めているのでかっこよく、ブランドが気になる人も多いようです。そんな岩井ジョニ男さんはデヴィッドボウイに影響を受けたという話があったり、嫁がタモリさんに激怒したとの話もあります。それらの真相やおもしろい画像やネタについてまとめました!

2017.10.26

佐々木孫悟空は虫を食べて大丈夫!?彼女は!?死亡説の真相は!?ヤスデを食べた!?虫を食らうユーチューブを調査!

虫を食べる芸風でおなじみの佐々木孫悟空さん。生きた虫を本当に丸食いしている!?虫を食べて体は大丈夫なのか!?彼女がいる!?ネットでささやかれている佐々木孫悟空さんの死亡説はホント!?その真相は!?ヤスデを食べた!?過去に食べた虫の種類は!?佐々木孫悟空さんの虫を食らうユーチューブを調査しました!

2017.10.04

関連するキーワード

キーワードからまとめ記事を探す

Dailyランキング

Weeklyランキング

Monthlyランキング